きのこ山書房日記

写真で綴る旅・散歩・古本・自然観察の日々

タンポポ

タンポポの綿毛

うちの近所は在来種のタンポポが多いので、春になると一斉に花開き、一斉に綿毛を付ける。

・・・
タンポポの綿毛

このように沢山の綿毛付きの種を風で飛ばして、広い範囲に自分の子孫を残そうとする。
あとは風任せだが、なんだかとても分かりやすい生き方のような気がする。(^m^;)

英語ではdandelion。なぜダンディーなライオンなんだと思ったら、
ライオンの歯という意味らしい。葉っぱの形がぎざぎざで、なるほどと思う。
若い葉はサラダに入れると、少し苦味があって美味い。

道端には食べられる道草がいっぱい。

関連記事

 | HOME | 

コメント

多少の早い遅いはあっても、ほとんどいっせいに旅立つけれど、行く先はみんな違って、思いがけない所にひっかかったままの子もいますね。
なんだか人の世に似ています。

「食べられる道草」っていう表現、ステキです♪

そうですね、子供はいっせいに旅立つんですよね。

「道草を食う」という言葉があるので、
昔の人は普通に道草を食べていたのかと思ったら、
実は馬の話のようですね。な~んだ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinokoyama11.blog116.fc2.com/tb.php/9-0a1bbc19

« | 2018-11 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

きのこ山書房

きのこ山書房


町田からの季節便り


色は


過去ログ