きのこ山書房日記

写真で綴る旅・散歩・酒・自然観察の日々

臨海副都心を散歩4

ユリカモメ1

入り江には沢山のユリカモメが浮かんでいる。
沖合の「鳥の島」は昭和初期に作られた島状の防波堤だそうだが、
その名の通り野鳥の繁殖場所であり立ち入り禁止になっている。
その成果か、ここには水鳥が多くみられる。

・・・


ユリカモメ2

「ゆりかもめ」といえば臨海副都心を巡って走る新交通の名前ともなっている。
「ゆりかもめ」は高架式でモノレールに似ているが、
自動車のようにゴムタイヤで専用の道路を走る仕組みだそうである。


オナガガモ

オナガガモのペア。


スズガモ1

群れていたのはキンクロハジロかと思ったが、スズガモであった。これは雄。


スズガモ2

こちらが雌。


ホシハジロ

ホシハジロも浮かんでいた。


関連記事

 | HOME | 

コメント

ゆりかもめがいっぱい!
お尻を上げてるみたい、中華のレンゲのように見えます(笑)

ゆりかもめ=モノレールと思っていました^^;

ゆりかもの姿勢は独特ですね。
あははは。。。中華のレンゲですか!
私もモノレールだと思っていましたが、
高架を走るトロリーバスがより近いようです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinokoyama11.blog116.fc2.com/tb.php/812-4e07cce8

« | 2024-05 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

きのこ山書房

きのこ山書房


町田からの季節便り



過去ログ