きのこ山書房日記

写真で綴る旅・散歩・古本・自然観察の日々

南信州伊那路の旅2

木の根

上飯田のバス停からすぐ近くの風越山に登る。
登山道沿いには、松だと思うが枯れた大きな木の根が沢山見られる。


・・・


蚕種石

蚕種石。
説明看板によると、この付近の石に蚕種のような粒々の苔が生じ珍しい、とのことだが...


飯田市街

飯田市街の眺望。


ベニマンサク

ベニマンサクが現れ始める。風越山が、暖地性であるベニマンサクの分布の東北限だそうである。


ベニマンサクの花

良く見ると小さな花も咲いている。


秋の空

上空は秋の空。

旅の季節だよりも御覧ください。


関連記事

 | HOME | 

コメント

生まれた甲府からは毎日見上げていた壁のように迫って西の山として眺めていた南アルプスをバスツアーで反対側から見たのはもう3年前になりました。リンゴ畑の向こうに遠く遥かに望む長く連なる山並みは結構見栄えがしました。道中紅葉の山並みがきれいでした。飯田では巨大な展示品とその水引の製作しているのをみてきましたよ。

甲府から見る南アルプスは、壁のようで迫力が有りますね。
伊那路から見ると、遥か彼方に長く連なって、広々と解放感が有ります。
飯田では水引の製作をご覧になりましたか。
古い街並みも残っているようですが、時間が無くて見られなくて残念でした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinokoyama11.blog116.fc2.com/tb.php/705-3aa8bcca

« | 2019-11 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

きのこ山書房

きのこ山書房


町田からの季節便り


色は


過去ログ