きのこ山書房日記

写真で綴る旅・散歩・古本・自然観察の日々

ピンボケの写真

桐の花

写真で光を写し取るには、ピンボケにするのも1つの方法かもしれない。(^_^)ゞ
印象派絵画の点描と同じような理屈かな。
・・・
もっともこのように単にピンボケな写真は、ただそれだけの事だが。
本屋に行くといろいろ写真集が出ていて、美しい写真に感心するが、
なかなか買って手元に置いておこうという気にはならない。
いくらきれいな写真でも、一度見てしまったらもう良いような気がしてしまう。


ところで、この一村哲也の写真は、そうではない。何度も見たくなるのはなぜだろう。

関連記事

 | HOME | 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinokoyama11.blog116.fc2.com/tb.php/7-70ac0de9

« | 2018-11 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

きのこ山書房

きのこ山書房


町田からの季節便り


色は


過去ログ