きのこ山書房日記

写真で綴る旅・散歩・古本・自然観察の日々

針状の氷

今日は立春で、これからは氷を見ることも少なくなるかもしれない。
針状になった氷。
どうしてこんな形になるのか不思議。

・・・


氷の表面

氷の表面。


枯れ草と氷1

枯れ草を覆った氷。


枯れ草と氷2

近寄って見ると。


枯れ草と氷3

・・・


関連記事

 | HOME | 

コメント

一枚目、素晴らしい造形ですね!!
私も色々と不思議な氷を見ましたけれど、ほんとうに誰がどういう風に工夫して造ってくれたのかと、ドキドキしています。

氷の覆われた枯れ草も、なんだか不思議な眺めです。

森のどんぐり屋さんも不思議な氷を撮っていらっしゃいますね。
氷は光が当たるときれいなんですが、すぐに溶けてしまい儚いものです。
今年の冬はまあ氷は見られましたが、霜が殆んど降りないのが心残りです。

異常乾燥がひどかったので、こちらも霜は全然だめでした。
そのかわり、窓ガラスの結露がずいぶんマシで、こちらは助かりました。二ついいことはないものですね。

窓ガラスの結露が有ったのですか。
こちらは乾燥しすぎか、家の気密が無さ過ぎるのか(^m^;)
窓の結露も全く見られませんでした。
そういえば雪も未だ降っていません。これから降るのかな~。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinokoyama11.blog116.fc2.com/tb.php/559-58df27f8

« | 2019-09 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

きのこ山書房

きのこ山書房


町田からの季節便り


色は


過去ログ