きのこ山書房日記

写真で綴る旅・散歩・酒・自然観察の日々

大国魂神社

大鳥居

先日府中の大国魂神社に行った時の写真。
大鳥居の脇に狛犬が見えるが、後で調べたところ、尾が無くて珍しいタイプの狛犬らしいのである。
エジプトかどこかのライオンの像のようでもある。

・・・


大欅

強い日射しであった。


狛犬(右)

中雀門の前の狛犬。これは右側の「阿」と云われる獅子で、口を開けている。
子供がいるので雌のようである。


狛犬(左)

左側の狛犬。
あれ、こっちも口を開けて「阿」の獅子に見える。普通左側は「吽」の狛犬の筈だが...
調べると、奈良時代までは左右とも「阿」の獅子が一般的だったそうである。
大国魂神社は西暦111年創建だそうなので、阿吽に分かれる前の古い狛犬だということなのか。
ここには、その他にもめずらしい狛犬が有るようなので、一度ゆっくり見たいものである。


高札場

旧甲州街道と府中街道の交差点にある高札場。 江戸時代の掲示板である。
中を覗いてみると何も無い空き地になっていた。



関連記事

 | HOME | 

コメント

ア!アッ!

何度もここにお参りしてはスナップも撮っていましたが、こんなあうんの話は初めて知りました。
あうんの呼吸ではなくて、あ!あっ!ばかりだったのですね。
藤純子・高倉腱さんと坂東氏の映画を思い出しました。
しかし あまり関係なくて 失礼しました。

おたがいに「あ!」ばかりだと、人との付き合いも大変です。
「あ」=始まり、から「ん」=終わりまで、
吐気の「あ」と吸気の「ん」...良くできた言葉ですね。

映画の「あうん」、見ていないです。
良い映画のようですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinokoyama11.blog116.fc2.com/tb.php/447-a10814e4

« | 2024-05 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

きのこ山書房

きのこ山書房


町田からの季節便り



過去ログ