きのこ山書房日記

写真で綴る旅・散歩・古本・自然観察の日々

野津田ばら広場

バラ広場1

5月21日、野津田公園のばら広場に。
毎年遅すぎたり早すぎたりで、なかなか良いタイミングに行き当たらないが、
今回は咲き始めのバラが多く、丁度良い時期に行けたようである。

・・・


バラ広場2

・・・


バラ広場3

・・・


バラ広場4

・・・


バラ広場5

バラの花が陽を受けて光り輝いているのを見ると、幸せな気持ちになる。
美しいものを見るということは大きな歓びである。
バラは毎年、交配により新しい品種が幾つも作り出されている。
人間の美に対する欲望には限りがないようである。
植物の生と、人間の情熱が一緒になって創造した、美の結晶...


バラ広場6

保育園か幼稚園児たちもバラ鑑賞に繰り出している。
しかし、肥料の牛糞の匂いに気持ちが悪くなった子供もいる。農薬の影響も有るのではなかろうか。
バラ栽培で一番重要なのは、農薬、肥料、剪定の3つであると云われる。
その中でも農薬と肥料は大きなネックになる。その為にバラを栽培できない人もいると思う。
きれいなバラには棘も有るし、多量な農薬と肥料によって作られているのである。

最近無農薬でバラを栽培するという、という試みが行われているようである。
肥料も極力動物系のものを使わないようにして。
品種改良も美しさだけでなく、無農薬で動物性肥料無しで栽培できるように
研究していただけると、これからの楽しみが膨らみそうである。







関連記事

 | HOME | 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinokoyama11.blog116.fc2.com/tb.php/421-0e3eb5c1

« | 2019-07 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

きのこ山書房

きのこ山書房


町田からの季節便り


色は


過去ログ