きのこ山書房日記

写真で綴る旅・散歩・酒・自然観察の日々

雪の朝2

窓から1

見なれた周りの風景が、めったに見られない雪景色に変わっているのが嬉しくて、沢山写真を撮る。
窓から。

・・・


窓から2

これも。


ヤマボウシ

ヤマボウシに積もった雪。


柿の木

柿の木。


雪の原

地面の雪。


窓から3

湿った雪で、どんどん溶けていく。


水たまり

水たまり。



関連記事

 | HOME | 

コメント

< 目覚めれば 一面の雪 胸おどる >

< 淡淡(あわあわ)と 溶けゆく雪や 春近し >

森のどんぐり屋さん、素敵な句をありがとうございます。
< 目覚めれば 一面の雪 胸おどる >
子供の頃は夜中に何度も窓から外を見て、
どれだけ降っているか確認した事を思い出しました。

もうすぐ春ですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinokoyama11.blog116.fc2.com/tb.php/359-71377ec0

« | 2024-05 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

きのこ山書房

きのこ山書房


町田からの季節便り



過去ログ