きのこ山書房日記

写真で綴る旅・散歩・古本・自然観察の日々

稲毛駅周辺

稲毛駅

新検見川駅の一つ千葉寄りに、稲毛駅。

・・・


床屋

この町で、親元を離れ1人で暮らすようになったのであった。
なんとなく見覚えのある道をさ迷っているうちに、見つけた見覚えのある家。
ここは昔は寿司屋だった筈である。
なぜか一緒に博多ラーメンをやっていて、豚骨のかなり強烈なにおいが周囲に漂っていたものである。
するとこの近くに下宿していた家が...


下宿

当時のまんまに、そこに有った。
私が居たのは病室を改造したらしい3畳一間の和室だった。
布団袋を1つを送っておいて、越してすぐに駅前の天神家具で買った座り机と
組み立て式の木の本棚だけが家具だった。
その後、大学の生協でラジオを買ったが、それは今でも使っている。


古い家

そういえば近くにこんな家も有ったような気がする。
勿論向こうに見える高層マンションは無かったが。


線路をくぐる通路

隣駅の学校には、総武線の線路の上を越えて行ったものだが、
線路が高架に変わった今、そこには臨時通路が出来ていた。
間に深い谷が有るので、普通に道路を通って行くと、かなり遠回りになるのであった。


春木屋

遅い昼飯を蕎麦屋で。


関連記事

 | HOME | 

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinokoyama11.blog116.fc2.com/tb.php/347-2b8f21a1

« | 2019-11 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

きのこ山書房

きのこ山書房


町田からの季節便り


色は


過去ログ