きのこ山書房日記

写真で綴る旅・散歩・酒・自然観察の日々

伊那路の旅 2日目1

若松

翌朝、昨夜の宿を振り返って。
飯田で常宿にしている「若松」は、斜面に張り付くように建っている。

・・・


くつわ小路

宿の下には崖に沿ってゆるくカーブした細い道が通っている。
「くつわ小路」といって、江戸時代に飯田藩の侍たちが
馬で操練所(馬場)に通っていた道だそうである。


谷間

建物と建物の間から、谷を隔てた向こう岸が覗いている。


建物

急峻な谷間の向こう岸に建ち並んでいる建物。


みさと

一軒だけ小料理屋の看板が残っているが、終戦後にはこの路地はいわゆる青線だった、
という話もあるようだ。


くつわ小路

ここは今まで見てきた街並みの中で一番好きな景色の一つ。
実はここに似た景色が夢の中でも昔からたまに登場する。
そこでは窪んだ崖にそって何本かの路地が迷路のように通っていて、
その路地に沿って小さないろいろな店が灯りをともして並んでる。
お惣菜や菓子など食べ物を売っていたり、古本を売っていたり、写真屋だったり、
なにかを修理している店だったり、時によっては飲み屋だったり。


谷川

谷間は「谷川洞」といい、谷川という川が流れていて、
下流に行くにつれ、急に谷の幅が広くなっている。


朝顔の仲間

崖に朝顔の仲間が咲いていた。


馬場町通り

崖の上の道は、「馬場町通り」。
江戸時代にはここから北側に侍屋敷が並んでいたようである。
まだ朝が早いこともあり、車も通らない静かな通り。


大通り

大通りも眠っているよう。


街並み

レトロな町並み。


街並み

・・・

関連記事

 | HOME | 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinokoyama11.blog116.fc2.com/tb.php/3458-0caf2567

« | 2024-02 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

きのこ山書房

きのこ山書房


町田からの季節便り



過去ログ