きのこ山書房日記

写真で綴る旅・散歩・古本・自然観察の日々

「上諏訪温泉 立ち話」

上諏訪温泉 立ち話

「上諏訪温泉 立ち話」 F6号 2016年7月
上諏訪駅の南側、諏訪市小和田辺りは普通の鄙びた住宅街だが、実は温泉地で共同浴場が点在している。
殆どは地元の人専用なのだが、この辺りの「大和温泉」だけは観光客でも入浴出来る、
というので行って見た。
民家の脇の細い通路の先に銭湯が有り、安いお金を払って中に入ると、
誰もいない小さな湯船に源泉があふれていた。
出た後は汗が止まらなくなり、真夏の日差しの中を汗を拭きながら諏訪湖畔に向かった歩いて行った。


関連記事

 | HOME | 

コメント

素適な絵!
楽しい思い出もいっぱいですね。

かぜくささん、ありがとうございます。
当時は思いもよりませんでしたが、
今となっては、旅は思い出で楽しむしかありません。
尤も、コロナが無くても歳をとればそうなりますか。。。 (TヘT)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinokoyama11.blog116.fc2.com/tb.php/3163-123d8ffc

« | 2021-09 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

きのこ山書房

きのこ山書房


町田からの季節便り


色は


過去ログ