きのこ山書房日記

写真で綴る旅・散歩・酒・自然観察の日々

春を待つ日差し

窓

窓の向こうには春の日が差しているような気がする。

・・・


竹

いち早く日差しに春を感じる「光の春」。
この言葉はもともと2月のロシアで使われていたそうである。
2月のロシアといえば、まだ雪に埋もれていることだろう。


山茶花

山茶花の花。


ビオラ

植木鉢のビオラ。


梅

梅の花。


関連記事

 | HOME | 

コメント

きょうはこちらは雨ですが、ここ数日で確かに光が春の光になってきて、
椿等の花々も次々と咲いてきました。
春の歩みも着々と進んでいますね。

いろいろありますが、希望を持って進みたい、今日この頃です・・。

こちらでもコブシが咲き始め、急に春めいてきました。
花粉も盛んに飛んでます (≧o≦)
ともあれ希望を持っていきましょう!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinokoyama11.blog116.fc2.com/tb.php/3096-ae4c5f0a

« | 2024-05 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

きのこ山書房

きのこ山書房


町田からの季節便り



過去ログ