きのこ山書房日記

写真で綴る旅・散歩・古本・自然観察の日々

ある国のお話1

黄色い灯り

ある国のお話(フィクション)。

・・・


ネムノキ

その国では新型コロナウィルスの感染者が増えすぎて、病院や療養施設が足りなくなってしまった。
そのため自宅療養の人たちが増えて、家庭内での感染も増加の一途。
そこで政府は「感染者だけの町」を作る事を決定する。
感染者の中から無症状の人たちだけを集め、PCR検査が陰性になるまで隔離する訳である。
無症状の人でも突然症状が悪化する場合もあるので、その場合はすぐ病院に搬送できる体制も取っておく。
それではいったいどこにその町を作るのか?
無感染の人が住んでいてはコロナの町にすることはできないし、住民のいない廃村では交通の便が悪すぎる。
ということで、経営が成り立たなくなっている巨大なアミューズメント施設を借り上げて、
コロナランドとかコロナ園として運用することにした。
その町では外出するのにマスクをつける必要もないし、それどころか三密を避ける必要が無いので、
居酒屋に集まって夜遅くまで飲み食いするのも自由。
なにしろ店員も含めみんな感染者なのだから。
夏祭りも開催するし、ライブハウスに集まって騒いでもかまわない。
・・・
PCR検査で陰性になっても、その町から出て行きたがらない人も多いのだとか。


関連記事

 | HOME | 

コメント

楽しそうですね

うふふ、なんだか愉快です! 当分今の状況は続くでしょうから、こんなコロニーが出来てもいいかも!?

一枚目のお写真、好きです。

笑いました。イイデスネ。写真2枚とも、とてもいい。

森のどんぐり屋さん、こんばんは。
今の状況がかなり閉塞感があるので、こんな事を考えました。
一枚目の写真は、私もかなり気に入っているのですが、何年も前に撮ったものです。
最近はなかなか気に入った写真が撮れません。 (TヘT)

さちさん、こんばんは。
笑っていただけましたか、嬉しいですね。
写真もおほめ頂きありがとうございます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinokoyama11.blog116.fc2.com/tb.php/2999-0dd6122b

« | 2020-09 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

きのこ山書房

きのこ山書房


町田からの季節便り


色は


過去ログ