きのこ山書房日記

写真で綴る旅・散歩・古本・自然観察の日々

森の朝

森の中

近くの木立に朝日が差し込み、原始の森の中にいるようだ。

< 初夏の朝 森に射し込む 宇宙線 >

・・・


山茶花

森と林の違いとはなんだろうか、と考えてみる。
漢字で見ると森は林に比べ木が一つ多いので、森は林より規模が大きいものをいうのではないか。


欅

と考えてみたが、鎮守の森は小さくても森だし、植林された杉林は規模が大きくても林。


白樫

もう一度漢字を見てみると、林は平面的なのに比べ、森は上にも木が重なって立体的。
大きさには関係なく、低木から高木までいろいろな木がこんもりと積み重なって、
階層構造をなしているのが森なのだろうか。


リョウブ

日が昇ると、森の神秘さは失われている。


関連記事

 | HOME | 

コメント

<降りそそぐ光に命いただいて>

< 初夏の朝 闇うずくまる 竹林 >

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinokoyama11.blog116.fc2.com/tb.php/2963-51c02200

« | 2020-07 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

きのこ山書房

きのこ山書房


町田からの季節便り


色は


過去ログ