きのこ山書房日記

写真で綴る旅・散歩・古本・自然観察の日々

伊那路の旅 豊橋2

豊橋市公会堂

昨日アップしたのは、東海道の宿場町だった辺りの街並みだが、吉田城の城下町でもあったわけである。
豊橋公園にある吉田城跡に行ってみる。
その手前に豊橋市公会堂。

・・・


豊橋市公会堂

1931(昭和6)年築の堂々としたロマネスク様式の建物。
両脇にある階段室のドームの下にそれぞれ4頭の鷲が回りをにらんでいる。


立哨舎

豊橋公園入り口に建つ立哨舎。
豊橋公園には歩兵第18連隊の兵舎が有ったそうである。



石垣

吉田城の石垣。


鉄櫓

1954(昭和29)年に再建された鉄櫓。


豊川

すぐ下を蛇行する豊川。


木の根

木の根。


木の根

・・・


関連記事

 | HOME | 

コメント

公会堂という名称が、今や懐かしいです。まだまだ健在ですけどね!

木の根っこ、よくまあ~と感心することがありますよね。
私が一番「へえ~~!!!」と大きな声を上げたのは、京都府の鞍馬寺のある小さなお山の中でした。
歴史を感じさせる見事な、くねくねでした。

公会堂、戦後は殆ど建てられていないそうですね。
町角の小さな公民館も懐かしい感じがします。
立派な木の根の曲がりくねりをご覧になったのは、京都の鞍馬寺ですか。
悠久の歴史を感じそうですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinokoyama11.blog116.fc2.com/tb.php/2857-c3b571de

« | 2020-09 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

きのこ山書房

きのこ山書房


町田からの季節便り


色は


過去ログ