きのこ山書房日記

写真で綴る旅・散歩・古本・自然観察の日々

南九州の旅 指宿3

建物

薩摩今和泉の住宅地。

・・・


庭先

・・・


建物

海が近い。


建物

・・・


建物

・・・


川沿いの道

川沿いの道。


海岸沿いの道路

海岸沿いの道路に出る。
一駅先の宮ヶ浜まで歩いていく。


海

波の無い鹿児島湾の海。


青空

青空ものぞいて、とても蒸し暑い。


宮ヶ浜港防波堤

汗みどろになって歩いていくと、宮ヶ浜港防波堤に出る。


宮ヶ浜港防波堤

天保4(1833)年に、第27代薩摩藩主島津斉興により建造されたそうである。


宮ヶ浜港防波堤

堤防の先端。


松尾城跡

灯籠の向こうの小山は松尾城跡(指宿城跡)。


関連記事

 | HOME | 

コメント

海にも数度しか行ったことがないですが、それでも七枚目の海沿いの道の様子は
新潟の海辺に似ていて、懐かしく思い出しました。

新潟の海に似ている、と言われればそういう気もします。
雨雲が流れる空が、そんな印象を与えるのかもしれませんね。
夏の終わりの海は、なんとなく寂しげでした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinokoyama11.blog116.fc2.com/tb.php/2793-2231dac0

« | 2020-07 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

きのこ山書房

きのこ山書房


町田からの季節便り


色は


過去ログ