きのこ山書房日記

写真で綴る旅・散歩・古本・自然観察の日々

近江八幡の旅 明智7

大正ロマン館

絵画館の脇の道を登っていくと大正ロマン館に出る。
平成になって建てられた観光施設だが、バラの時期にはきれいだそうである。

・・・


見晴らし

道なりに坂を登っていく。


旧三宅家1

旧三宅家。
元禄元(1688)年に明智町馬木地区に普請された豪農の家を移築したものだそうである。


旧三宅家2

近世中期の民家の特徴である鳥居建てという構造だそうだが、端正な藁ぶきの屋根が美しい。


旧三宅家3

室内。


谷戸

道標によるとその先に明智城跡があるようなので行って見ることに。


谷戸

畑のある谷間を通り。


登り道

その先を登っていく。


土塁

土塁だろうか。


「畝状空堀群」

空堀。
「畝状空堀群」と呼ばれ、斜面に平行する堀と直行する堀が複数組み合わされているようである。


遊歩道

・・・


石垣跡

一部の石垣も残っている。


本丸跡

小広い本丸跡。
実は「明智城」は可児市にも有って、明智光秀の居城は可児市の方で、
こちらは別名「白鷹城」といい遠山氏の城だったそうである。


崖

北側には「猿落し」という切り立った崖が。


山並み

周りの山並み。


旧三宅家4

時間も無くなったので、急いで来た道を戻る。


大正路地

まだ見たい建物もあったのだが、予定のバスに乗る為に、走るように大正路地を下り、駅に向かう。



関連記事

 | HOME | 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinokoyama11.blog116.fc2.com/tb.php/2733-49d054b6

« | 2019-09 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

きのこ山書房

きのこ山書房


町田からの季節便り


色は


過去ログ