きのこ山書房日記

写真で綴る旅・散歩・酒・自然観察の日々

下館に泊まる旅3

ため池1

馬不入山から急な坂を下りるとため池に出る。
ちなみに馬不入山(うまいらずさん)という名前は、逆コースを行くと急な登りで
馬が登れない為に付けられたそうである。

・・・


鷲神社の祠

鷲神社の祠。


ため池2

その先にもう一つのため池。


ため池2

・・・


馬不入山

下りてきた馬不入山。


岩船山

行く先には特異な山容の岩船山。


登山道

曲がりくねった車道を登っていく。


採石場
採石場。


岸壁

東側の岸壁。
江戸時代から行われた採石により、このような山体になったそうである。


岸壁

・・・


岩峰

北側の岩峰。
2011年の東北地方太平洋沖地震により、稜線がV字型に崩落してこのような形に。


岩峰

・・・


関東平野

東側には関東平野が広がっている。


関連記事

 | HOME | 

コメント

以前に住んでいた枚方市(枚方市)のお隣の交野市(かたのし)にも、岩船という所に奇岩の洞窟がありました。夏なお寒いのです。交野市は歴史が古く楽しいところです。是非一度おたずね下さい!

大阪の交野市にも岩船という奇岩の洞窟があるのですか。
岩船という名前には古来「魂を運ぶもの」というイメージがあるとか。
交野市には古い町並みが残っていそうですね。
一度訪ねてみたいです。

落花の雪にふみまどふ 交野の春の桜狩り・・・藤原俊成でしたでしょうか。そして七夕伝説もある交野市、枚方市。歴史をたどってゆっくりと歩かれると、楽しい旅になると思います。

今私が住んでいるところも、古い町並みが有り(寺内町)おひなさまの頃は特におもむきがあります。

生れたのは岸和田市。紀州街道沿いに今も少しだけですが古い家並みが残っています。
以前にブログで母の実家の蔵をお見せしましたね。
お城は戦後に新しく作られたのであまり好きではありませんが、それでも八陣の庭は有名らしいです。
城壁や堀は昔からの物なで、雨の日に、城壁に散りかかっていた桜の花びらが印象に残っています。
秋祭りは今やショウと化し、さっぱりですが・・・
今も住んでいる幼なじみは「二度と見に来たらあかんよ、がっかりするから」と申します。
暗い夜空に、ゆらゆらと揺れていた提灯の灯が、今も目に残っています。提灯にはやっぱり蝋燭ですね。

いろいろと情報をありがとうございます。
なかなか大阪方面は行く事がありませんが、機会があればぜひ行って見たいと思います。
やはり古い歴史のある町は良いですね。
岸和田のだんじり祭、伝統を守っているのかと思いましたが、
昔とは変わってしまったのですか。時代の流れはいかんともしがたいですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinokoyama11.blog116.fc2.com/tb.php/2703-66b79cb3

« | 2023-12 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

きのこ山書房

きのこ山書房


町田からの季節便り



過去ログ