きのこ山書房日記

写真で綴る旅・散歩・酒・自然観察の日々

つゆの語源

朝露

前日に雨が降った翌朝などに早起きすると、朝露がいっぱい見られる。

・・・

関東地方は早々と梅雨(つゆ)入りしたそうだ。
「つゆ」の語源は露にあるという説と、その他にもいろいろあるようだ。
それではなぜ「梅雨」と書くかというと、中国で元々黴雨(ばいう)と呼ばれていたのが、
黴を梅に変えて広がったという説と、梅の実の熟す頃の雨、という説があるようだ。

ところで、味噌汁やすまし汁、そばのつけ汁などを「おつゆ」といい、
 「つゆ」には元々、汁という意味があると思われるが、露との関係はいかに?
言葉の由来は、多くの場合漢字の伝来した中国にそのルーツがありそうだ。
語源にも解らないことばかりである。

関連記事

 | HOME | 

コメント

葉っぱにコロコロ、キラキラ、時にはコロリン
こんな光景が大好きです、いつまでも見つめていたくなります。
数日沼へ行ってなかったら、周りの雑草が皆刈られていました・・・
殆どの人々はあぁ~~、さっぱりしたでしょうが、私はその雑草が好きでした、
その草むらの中には撮影の宝物がたくさんありました、残念でたまりません・・・・
今日はとぼとぼと帰りました・・・・^^;

横レスでごめんなさい。

Mieさん、初めまして。
私も同じ目によく会いますので、お気持ち痛いくらいにわかります。
みなさん、雑草はお嫌いですものね・・・じっと見ないから、わからないのですよ~

Mieさん、こんばんは。
Mieさんの雫の世界は感動です!
おなじみの雑草が刈られていたのでは落胆されますよね。
雑草ならではの強い生命力で、じきに復活することを願って。

森のどんぐり屋さん、こんばんは。
じっくり見てやると、雑草もとても魅力的ですよね。
雑草をどこまで自然のままにしておくか、なかなか難しいですね。
除草剤を使うよりは、刈った方がまだ良いですが。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinokoyama11.blog116.fc2.com/tb.php/27-cec9ab90

« | 2024-05 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

きのこ山書房

きのこ山書房


町田からの季節便り



過去ログ