きのこ山書房日記

写真で綴る旅・散歩・古本・自然観察の日々

野に咲く花

ワレモコウ

稲が実る頃になると、赤い花をつけるワレモコウ。
秋の里の雰囲気にぴったりの花だと思う。
バラ科。

・・・


ツユクサ

少し湿った場所に多いツユクサは、夏の間中咲いているが、秋になると青い色がよりきれいに見える。
なかなか生命力が強く、抜いておいても雨が降るとまた生き返ってくる。
ツユクサ科。


ツルボ

あぜ道の脇など、いたるところで咲いているツルボ。
ユリ科のなかなか可愛らしい花である。
丸い地下茎は食べられるらしい。


ヘクソカズラ

こちらも可愛らしい花なのに、ヘクソカズラという名前はかわいそうである。
別名にヤイトバナやサオトメカズラが在るが、ヤイトというのはお灸の事なので、余りうれしくない。
サオトメカズラが良いと思うのだが...
秋も深まると、鈴なりになった黄金色の実も風情がある。
アカネ科。


アレチヌスビトハギ

アレチヌスビトハギは北米原産のマメ科の帰化植物。
ヌスビトハギの仲間だが、花はずっと大きく、むしろフジカンゾウに似ている。
しかし花の形が違い、なかなか愛嬌のある顔のようにも見える。


カタバミ

春からずっと咲いているカタバミは、世界に広く分布する雑草のようである。
草取りではやっかいもので、根が深くなかなか抜き取るのが難しい。
つつましやかに見えるが、どうして芯が強いということかな。
カタバミ科。


関連記事

 | HOME | 

コメント

秋の野を彩る草花たち、きれいです。
それぞれに、与えられた咲き場所で無心に花開いて、命を謳歌している。
その心栄えが伝わってくる写真で、素敵だと思いました。

森のどんぐり屋さん、ありがとうございます。
草花たちはそれぞれの場所で、自分達の為にやるべき事を
やっているだけでしょうが、それが見るヒトにも歓びを与えている訳で、
考えると、不思議ですね...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinokoyama11.blog116.fc2.com/tb.php/268-b4b5d8eb

« | 2018-12 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

きのこ山書房

きのこ山書房


町田からの季節便り


色は


過去ログ