きのこ山書房日記

写真で綴る旅・散歩・古本・自然観察の日々

伊那路の旅 駒ヶ根5

光前寺1

貞観2(西暦860)年開基だという宝積山光前寺。

・・・


光前寺2

境内の池。


光前寺3

・・・


光前寺4

三重塔 。


光前寺5

経蔵。


光前寺6

立派な唐破風。


光前寺7

実は光前寺に来た一番の目的は、この早太郎の像に再会したかった事。


光前寺8

霊犬早太郎の墓。
伝説によると、早太郎は光前寺で飼われていた山犬の子で、
静岡県磐田市の見付村まで借りて行かれ、悪さをする猿の怪物を、壮絶な戦いの末に退治し、
深い傷を負った早太郎は光前寺までなんとか帰り着くと、一声高く吠えて息をひきとったのだと。


光前寺9

さて、早太郎に見送られて。


光前寺10

ヒカリゴケの見られる参道を抜けていく。


山里1

ここは中央アルプスの麓の山里。
バスもあるのだが、景色が良いので駒ヶ根駅まで歩いて帰ることに。


山里2

南アルプスに向かって。


山里3

下り坂をどんどん歩いていく。


火の見櫓

火の見櫓。


関連記事

 | HOME | 

コメント

光前寺のヒカリゴケにこの霊犬早太郎、懐かしいです。
早太郎温泉から見た中央アルプスの山並みが忘れられません。

展望も良くて、雰囲気の良い高原ですよね。
早太郎像は強そうで、可愛らしい。
ヒカリゴケは参道に人が多くて、あまりよく見られませんでした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinokoyama11.blog116.fc2.com/tb.php/2596-0f8022af

« | 2018-12 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

きのこ山書房

きのこ山書房


町田からの季節便り


色は


過去ログ