きのこ山書房日記

写真で綴る旅・散歩・古本・自然観察の日々

尾瀬の旅 2日目3

木の幹

オオシラビソだろうか。
風雪に磨かれた木の幹。
俎嵓(まないたぐら)までもう少し。

・・・


俎嵓

俎嵓(2,346m)の山頂。


柴安嵓

尾瀬ヶ原に下りるには、柴安嵓(2,356m)を越えて行く。


山肌

尾瀬ヶ原見晴に下りる見晴新道は、2013年の台風18号の影響で登山道が流失してしまったそうである。
現在はほぼ同じコースに新しく道が作られているので、その道を通るのだが、
地形にお構いなしにひたすら真っ直ぐに通した道のようで、若干歩きずらい場所もある。
ちなみに温泉小屋に下る道は(昔もかなり大変な道だったが)、2009年に廃道になったそうである。


木道

尾瀬沼からの木道に出て、一安心。


見晴十字路

6軒の山小屋が建ち並んでいる見晴十字路。


弥四郎小屋

原に面して建つ弥四郎小屋は、昔と変わらない佇まい。


尾瀬ヶ原

尾瀬ヶ原。
正面に遠く至仏山。


景鶴山

特徴的な山頂の景鶴山。
残雪の頃に登ってやろう、と思っていたのだが、もう登ることは無いだろう。


沼尻川

原を少し行くと、沼尻川の拠水林に。


龍宮小屋

林を抜けると、今日の宿の龍宮小屋。


関連記事

 | HOME | 

コメント

すごい根っこ!!! 触って見たくなりました。この木が芽生えたのは、気が遠くなるような昔なんでしょうね~~尊敬です。

そうですね~。長い間過酷な環境を生きて来たんでしょうね。
これだけきれいな形で残って、
もしそんなものが有るとすれば、幸せな樹生だったかも...

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinokoyama11.blog116.fc2.com/tb.php/2527-7d51cabf

« | 2018-11 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

きのこ山書房

きのこ山書房


町田からの季節便り


色は


過去ログ