きのこ山書房日記

写真で綴る旅・散歩・古本・自然観察の日々

開成町あじさい散歩1

開成駅1

白山神社の「文京あじさいまつり」の次は神奈川県開成町の「開成町あじさいまつり」。
ということで、小田急線で開成駅に。
小雨が降っているが、まあ紫陽花だからそれも良いかな。

・・・


開成駅2

駅前に昔のロマンスカーが展示されている。


酒匂川1 

東に少し行くと、広々とした酒匂川(さかわがわ)に出る。
「酒匂川」とはどういう謂われがあるのかわからないが、何にせよ良い名前。


酒匂川2

のんびりした流れ。


水神

堤防の上に水神。


石仏

草に埋もれた石仏たち。
この辺りが後で出てくる「霞堤」の二重堤防なのだと思う。


水田1

堤防の外側には水田が広がる。


水田2

その先に小田急線。


鉄塔

北側には丹沢山塊から派生している山並み。


木工沈床

この辺りの堤防は「九十間堤防」と言われ、不連続な堤防を二重に連ねる「霞堤」という工法で造られているそうである。
堤防上には当時の堤防工事の技法が再現展示されている。
これは「木工沈床」という根固工の一種で、護岸の前面に設置して洪水による浸食を防ぐ為のもの。


聖牛

これは「聖牛」といわれ、川の中に設置し洪水をコントロールする水制の一種だそうである。
武田信玄が創案したのだとか。


釜段工

これは「釜段工」といい、洪水で川の水位が上がり堤防内に漏水が発生した時に、
土砂が流出して破堤するのを防ぐための工法だそうである。
漏水箇所の周りを土嚢で囲い、水を貯え、その水圧によって水の噴出を防ぐのだという。
昔から大災害を引き起こす洪水を、何とか制御しようとしてきたという歴史の一端が窺われる。


開成水辺スポーツ公園

ほどなく開成水辺スポーツ公園に。


紫陽花

紫陽花が咲いている。


関連記事

 | HOME | 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinokoyama11.blog116.fc2.com/tb.php/2510-1ce4c5e2

« | 2018-07 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

きのこ山書房

きのこ山書房


町田からの季節便り


色は


過去ログ