きのこ山書房日記

写真で綴る旅・散歩・古本・自然観察の日々

松戸散歩2


香取神社

千駄堀の香取神社。

・・・


狛犬1

こんな狛犬。


狛犬2

・・・


境内

・・・


六地蔵

道を挟んで反対側の六地蔵。


庚申塔1

また庚申塔。
古いものが残されている地域のようだ。


三猿

素朴な三猿。


武蔵野線

武蔵野線を渡ると。


圓能寺

圓能寺。


分かれ道

その先の分かれ道。


下り道

どんどん下っていく。
走っている時にも感じたことだが、松戸は丘陵地帯で坂が多い。


安蒜家長屋門

下りきると開けた場所に出て、そこにも大きな長屋門が建っている。
天保11(1840)年に建てられたそうである。


関連記事

 | HOME | 

コメント

友達のお姉さんが松戸におられますし、主人も去年の夏に仕事がらみですが、
北松戸に行っていますので、何だか親しみを感じつつ、お写真を見ております。
庚申塔は関東地方に多いと聞いたことがあります。
歴史を感じる素朴なのがいいですね~。

松戸には親近感をお持ちなんですね。
多摩丘陵に似た丘陵地帯で、私もなんとなく親しみを...
庚申塔は関東地方に多いんですか。
そういえば世田谷とか、そこここで見かけるような気がします。
歴史を感じられるものが残っている場所っていいですよね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinokoyama11.blog116.fc2.com/tb.php/2388-32477e13

« | 2018-10 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

きのこ山書房

きのこ山書房


町田からの季節便り


色は


過去ログ