きのこ山書房日記

写真で綴る旅・散歩・古本・自然観察の日々

飯能と秩父の旅12

煙突

花街跡だという裏通りを北に向かって歩く。

・・・


三角屋根

今時珍しい三角屋根の建物は何かの工場だろうか。


建物

立派な建物が残っている。


蔵

飯能の「店蔵絹甚」に似た高い棟を持つ蔵。


トタン壁

トタン壁の色合いがなかなか。


猫

横丁の猫。


たから湯

さて、今回も「たから湯」で一汗流して帰ろう。
常連のお客さんの話では、2つの浴槽が隣り合っているが、片方が源泉かけ流しだそうである。
また、もう一軒の銭湯「クラブ湯」は番台が若い女性なので、それが良くて行く人もいるとかいないとか。


建物

さて、本町交差点付近まで戻ってきて。
銘仙問屋だったのだろうか。
繊細な格子戸が素晴らしい。


松林堂

秩父に来るといつものことだが、今回も「松林堂」でお土産の水ようかんを購入。


建物

その近く、近代建築のお宅。


松村

御花畑駅近くの甘味食堂。


クリームあん蜜

クリームあん蜜。
やはりこれを食べて帰らないとね。



関連記事

 | HOME | 

コメント

ガラス製のレトロな高坏に入ったクリームあんみつ、イチゴの赤や寒天のピンク色がさし色となり、
う~ん、美味しそう~~、食べた~い!!

味もレトロというか懐かしい味でした。
美味しかったですよ~o(^-^)o

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinokoyama11.blog116.fc2.com/tb.php/2262-5e1fda79

« | 2017-10 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

きのこ山書房

きのこ山書房


町田からの季節便り


色は


過去ログ