きのこ山書房日記

写真で綴る旅・散歩・古本・自然観察の日々

飯能と秩父の旅3

十六羅漢像1

能仁寺を巻くようにして裏山に登って行くと、十六羅漢像が安置されている崖に出る。

・・・


十六羅漢像2

・・・


十六羅漢像3

仏像も。


十六羅漢像4

おなじみの如意輪観音。


十六羅漢像5

羅漢は、身近にいそうな顔をしているのに、悟りをひらいているという。


岩場

岩場に沿って登って行く。


天覧山山頂

すぐに天覧山の山頂。標高195メートル。
足元に飯能の街を見渡すことができる。


下り道

天覧山から一旦尾根を下って行く。


檜林

檜林の中の登山道を多峯主山(とうのすやま)へ向かう。


雨乞池1

山頂のすぐ下に雨乞池。


雨乞池2

鯉がいる。


岩

大事そうに囲われた岩。
ご神体なのだろうか。


多峯主山山頂1

多峯主山の山頂は標高271メートル。
なかなかの眺望


多峯主山山頂2

北側には住宅街が迫っている。


関連記事

 | HOME | 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinokoyama11.blog116.fc2.com/tb.php/2253-24527455

« | 2017-08 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

きのこ山書房

きのこ山書房


町田からの季節便り


色は


過去ログ