きのこ山書房日記

写真で綴る旅・散歩・古本・自然観察の日々

下北沢から池ノ上1

下北沢1

下北沢の鈴なり横丁。
この一角が残っているのは心強い。

・・・


下北沢2

新しい建物に挟まれて、古い建物も残っている。
古いものと新しいもの、年寄と若者が仲良く共存しているのが下北沢の魅力ではなかったろうか...


下北沢3

・・・


下北沢4

以前は小田急線の踏切だったのだが、現在小田急線は地下深くを通っている。


下北沢5

一番街の商店街は昔からあまり変わっていないようである。
いつもパイプ煙草の香りが漂っていた古本屋も健在だ。


下北沢6

再開発の進んでいる駅前。
小田急線の線路跡には広い道路を通すのだろうか。
下北沢の混沌とした魅力が失われなければいいのだが。



関連記事

 | HOME | 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinokoyama11.blog116.fc2.com/tb.php/2099-aef5fe4f

« | 2017-10 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

きのこ山書房

きのこ山書房


町田からの季節便り


色は


過去ログ