きのこ山書房日記

写真で綴る旅・散歩・古本・自然観察の日々

諏訪湖の旅6

線路

翌朝、線路際の道を諏訪大社下社の秋宮に向かう。


・・・


街道1

線路から離れ、山際に上がって行く。


街道2

家々の間に諏訪湖が見えて来る。


一里塚

一里塚が立っている。
立て看板の説明によると、江戸の日本橋から数えて53番目の一里塚で、甲州街道最後のものだとある。
歩いて来たこの道が甲州街道だったということか。


一枚岩

その先にはこんな大きな一枚岩。
説明によると、承知川にかかっていた橋石だそうである。
武田信玄にまつわる言い伝えが有るようで、表面の煉瓦模様は埋蔵金の隠し図だとも言われたらしい。


下社秋宮1

ゆっくり道を下っていくと、ほどなく下社秋宮に到着。
ここが丁度、旧中仙道と甲州街道の分岐点となるようである。


下社秋宮2

鳥居をくぐって境内に。


下社秋宮3

大きな注連縄が飾られている神楽殿。
左右の青銅製の狛犬も立派。


下社秋宮3

その後ろに幣拝殿。


下社秋宮4

天覧の白松(ハクショウ)という木が植えてある。
中国の北部に自生するマツ科の植物で、葉は三葉である。
三葉の松葉を拾うと縁起が良いといわれているらしいが、拾いそびれた。


下社秋宮6

軒下の獅子たち。


下社秋宮7

4本ある御柱のうち一の柱。


下社秋宮8

陳列された菰樽。
諏訪地方にはいかに銘酒が沢山あるかということが分かる。


関連記事

 | HOME | 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinokoyama11.blog116.fc2.com/tb.php/2045-fd1bfb29

« | 2017-08 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

きのこ山書房

きのこ山書房


町田からの季節便り


色は


過去ログ