きのこ山書房日記

写真で綴る旅・散歩・古本・自然観察の日々

ガビチョウ

ガビチョウ

ガビチョウはすっかり里山に定着してしまった。人家近くの藪の中でとても賑やかである。

・・・
これほど多くなったのはここ数年だろうか。
まだ珍しかった頃、テレビでガビチョウを紹介する為に、私の写真が使われた筈。 <- 自慢 (^_^)ゞ
CS放送だったので見ていないが。

賑やかといえば、コジュケイも同じく中国からの外来種だそうで、
そういえば声も姿もやや日本離れしている。ように感じてしまう。

世界にはいろいろな鳥が住んでいるので、機会があれば実際に目にしてみたいが、
それが無理なら、絵や写真で見るだけでも楽しい。
また遠く離れた国まで渡りをする鳥も多いので、外国旅行に行って、
思わぬ身近な鳥に再会するかもしれない。

関連記事

 | HOME | 

コメント

一昨日の朝窓辺でさえずりがすごくて目を覚まして、カメラを構えたけれども姿は見えずでした。その日永山の病院から帰り道9時半頃木の上に止まっているのを発見、カメラを向けたらアングルをとまごついているうちに飛んでいってしまいました。先月末に友達と歩いてガビチョウの名前を初めて聞いたあと、4月18日ごろのアップされていたのを見せてもらい、今回「野鳥・鳴き声」で検索して見ましたが、本当に増えているのですね。特定何とかと言う品種になっているのですか?しかしきれいな鳴き声ですよね。

なんだか鳥たちは、カメラを向けると逃げて行くようですね。
ガビチョウはきれいな鳴き声ですが、近くで鳴くとうるさいと感じるのは、
特定外来生物に指定されているから、そう感じるのかもしれませんね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinokoyama11.blog116.fc2.com/tb.php/19-ef02a07b

« | 2019-08 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

きのこ山書房

きのこ山書房


町田からの季節便り


色は


過去ログ