きのこ山書房日記

写真で綴る旅・散歩・酒・自然観察の日々

パンジー

パンジー1

冬にも花の彩りが無いとさびしいので、植木鉢に毎年パンジーを植えている。
初冬の頃に植えると、冬の寒さを乗り越えて、春までずっと咲き続けてくれるのでありがたい。

・・・


パンジー2

小型のパンジーをビオラというが、ビオラという名前はこの仲間の属名だそうだ。


パンジー3

身近にあり親しいパンジーだが、以前は三色菫(さんしきすみれ)と呼んでいた。
名前の表すように、花は白、黄、紫の三色で構成されていた。
最近は三色菫という名前を聞かなくなり、花の色もそれこそ多彩なものが流通している。


パンジー5

パンジーという名前はフランス語のパンセから来ているそうだ。
パスカルの「パンセ」で有名だが、物思い、思考という意味が有る。
パンジーの花言葉は「思慮深い」だそうで、それも好ましい。


パンジー4

蛇足だが、最近はテレビやゲームの影響もあり、単に考える時間が少なくなっていないだろうか...



関連記事

 | HOME | 

コメント

パンジーはきのこ山さんに潤いと癒しを与えてくれているのですね。
たくさんの光を浴び、輝きつづけているような・・・
花はほんとにいいですよね、私も疲れたときにふと草花に目がいきます。(^・^)

そうですね。パンジーに感謝、日の光に感謝です。
花は良いですよね。
美しいものを見る事は、最高の楽しみです。

スミレの花の咲く頃♪

国士舘の南の別所の耕作放棄した畑に野生化したパンジーが一面に咲き乱れているのを去年見ましたが、だんだんサイズがスミレくらいに小さくなっていました。宝塚の「スミレの花咲く頃♪」をハミングしながら眺めて通りました。

「スミレの花咲く頃」良い歌ですね。
その頃は世の中全体が前向きだったような...
そろそろ色々なスミレが咲き始めますね。楽しみです。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinokoyama11.blog116.fc2.com/tb.php/154-5528d65a

« | 2024-02 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

きのこ山書房

きのこ山書房


町田からの季節便り



過去ログ