きのこ山書房日記

写真で綴る旅・散歩・古本・自然観察の日々

夏の下田5

御道具1

まず太鼓橋を崩した御道具(供奉道具)から宮入りを行う。

・・・


御道具2

下田八幡神社に入ろうとする御道具を、神社の前に立つ男衆が押し返し入れまいとする。
それを何度も何度も繰り返す。
そりゃそりゃ、そりゃそりゃ、という掛け声。
御道具を担ぐのは若い衆で、押しつぶされそうになりながら必死に耐えている人も。


御道具3

最後に無事に神社に帰っていくと、ほっとしたように歓声が。



御神輿1

その次に御神輿がやって来る。
これを担ぐのは中老とよばれる40から50代の人達。


御神輿2

御道具と同じく、突入して押し返されることを何度も繰り返してからやっと神社の中へ。
何事も簡単には成し遂げられないが、困難を乗り越えるだけ達成する喜びも大きい、ということかな。


太鼓台1

その次には太鼓台が。


太鼓台2

下田の夏祭りの夜はいつまでも更けることを知らない。


提灯

最後まで付き合うと大変なので、適当なところで帰って寝よう。


関連記事

 | HOME | 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinokoyama11.blog116.fc2.com/tb.php/1492-8140a468

« | 2017-08 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

きのこ山書房

きのこ山書房


町田からの季節便り


色は


過去ログ