きのこ山書房日記

写真で綴る旅・散歩・古本・自然観察の日々

上越線の旅 水上1

水上駅1

水上駅で高崎行きの別の列車に乗り換える筈であるが...
左側が越後中里から乗って来た列車で、右側に止まっているのが高崎行き。

・・・


水上駅2

途中下車して、水上の温泉町を散歩する事に。


駅前の入口

駅前の通りにぽっかりと別世界への入り口のような階段。


裏道1

下りて行くと、利根川遊歩道へ導く建物の勝手口を結ぶような細い路地。


裏道2

駅前の大きなホテルや旅館の裏を通る道。


裏道3

実は水上のホテルや旅館は廃業している所が多く、巨大な廃屋が立ち並んでいたりする。
古く味のある家並みや建物は大好きなのだが、あくまで現役で使用されている事が望ましく、
あまり廃墟には興味が無い。


ラフティング

利根川に出ると、ゴムボートによる川下り:ラフティングをしている人たち。


チュービング

これは怖そうだ。
チュービングというのか1人で浮き輪につかまって川下り。


関連記事

 | HOME | 

コメント

>駅前の通りにぽっかりと別世界への入り口のような階段。
思わず、1Q84 想い出しました~^^。
>1人で浮き輪につかまって川下り
こわっ!ヾ(≧Д≦*)ゞ

1Q84 って村上春樹の小説なんですね。
読んだことが無いので...^_^;ゞ
浮き輪の川下りは怖そうですね。
見ているだけでハラハラしました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinokoyama11.blog116.fc2.com/tb.php/1459-4c349213

« | 2017-08 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

きのこ山書房

きのこ山書房


町田からの季節便り


色は


過去ログ