きのこ山書房日記

写真で綴る旅・散歩・古本・自然観察の日々

上越線の旅 六日町3

金城酒販1

八海山で有名な金城酒販の蔵を改造した店。

・・・


金城酒販2

日本酒の展示。


金城酒販3

あまざけも購入。
夏バテによさそうである。


萬盛庵1

裏道で地元の人が入りそうな食堂を見つけたので、昼飯とする。


萬盛庵2

旅先でなぜか食べたくなる冷やし中華。
地方の方が値段が安いのに、仕事が丁寧な気がする。


駅前広場

バス停のある駅前広場に戻ると、突然篠突く雨が。
もう2,3日で梅雨も明けようかという頃だが、梅雨末期の雷雨や大雨が心配である。


関連記事

 | HOME | 

コメント

毎度有り難う御座います。
chiboの同期の方のお店です。
お写真の好きな店主ですよ~。

金城酒販さんですね。
お願いしたところ、快く店内部の写真を撮らせていただきました。

ここにchiboさんへ故郷情報が出てるって、伝えたのでした。

六日町が古い伝統のある町と、兜に愛マークの主人公の出身地だったのを知りました。そして八海山の店がchiboさんの同級生とは知りませんでした。10年以上昔群馬の現場ではこの八海山の樽酒を特注してトンネル貫通式やらダム工事式典の祝い酒に何度も飲んだのですが、皆が喜んでましたし旨い酒ですよね。越後の地酒では寒梅・雪中梅・〆針鶴・鶴の友と一緒に新潟に行けば必ず飲んでいます。

そうですか。turenaiikkeiさんの御紹介だったんですね。
八海山はさっぱりして美味い酒ですよね。
「魚沼で候」というお酒が地元でしか販売していないという事なので、
お土産に買いました。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinokoyama11.blog116.fc2.com/tb.php/1453-a23fe2bc

« | 2017-08 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

きのこ山書房

きのこ山書房


町田からの季節便り


色は


過去ログ