きのこ山書房日記

写真で綴る旅・散歩・古本・自然観察の日々

音楽

水田

水田に稲を刈った跡がリズミカルにならんでいて、音楽的なイメージが心に浮かぶ。

・・・

水田

串田孫一の本にはご自身の挿絵が入っていて、それが音楽的な感じがして、とても好きだ。
子供の頃、本を読み進んでページをめくっていき、挿絵が出て来るととても嬉かったが、
串田孫一の本には同じような楽しみがあると思う。

関連記事

 | HOME | 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinokoyama11.blog116.fc2.com/tb.php/14-eb0eb0c8

« | 2018-09 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

きのこ山書房

きのこ山書房


町田からの季節便り


色は


過去ログ