きのこ山書房日記

写真で綴る旅・散歩・古本・自然観察の日々

矢川から谷保2

天神橋

谷保天満宮近くの天神橋の上で。

・・・


谷保天満宮1

谷保天満宮の撫で牛。
鼻づらを皆が撫でるものだから。
ところで元々谷保はやぼと読み、谷保天神が「野暮天」の語源になった、という説も有るようである。


谷保天満宮2

拝殿前の愛嬌がある狛犬。


谷保天満宮3

梅園の紅白の梅が咲き始めている。


谷保天満宮4

矢川から谷保まで、南武線で1駅だがその割に歩きでがあり見どころも多い散歩道であった。



関連記事

 | HOME | 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinokoyama11.blog116.fc2.com/tb.php/1331-b9be3e13

« | 2017-10 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

きのこ山書房

きのこ山書房


町田からの季節便り


色は


過去ログ