きのこ山書房日記

写真で綴る旅・散歩・古本・自然観察の日々

有楽町と新橋界隈2

インターナショナルアーケード1

途中から高架の下に入る入口があったので入ってみると、そこは地下通路のような閉じられた空間。

・・・


インターナショナルアーケード2

ガード下にさびれたアーケード街が形成されていて、インターナショナルアーケードという名前のようである。


インターナショナルアーケード3

ぽつん、ぽつんと営業している店も。


インターナショナルアーケード4

途中に外界に通じる通路。


インターナショナルアーケード5

JR関連の事務所も多いようである。


インターナショナルアーケード6

新橋側の出口付近は駐車場になっている。


インターナショナルアーケード7

世の中から隔離されたような不思議な空間であった。


関連記事

 | HOME | 

コメント

なんだか、ちょっと恐いですねえ~~雰囲気が・・・

そうですね。人通りも少なくて...
こんな通りが銀座の隣にあるのは、不思議な気がします。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinokoyama11.blog116.fc2.com/tb.php/1238-5f2b40e2

« | 2019-11 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

きのこ山書房

きのこ山書房


町田からの季節便り


色は


過去ログ