きのこ山書房日記

写真で綴る旅・散歩・古本・自然観察の日々

里桜咲く新宿御苑4

夕方1

いつの間にか閉門時間(16:30)もせまってきた。

・・・


夕方2

夕暮れを迎えて桜の花が美しいのはこれからなのに。
せめて閉門を30分遅くしてほしい...


夕方3

あれだけ賑わっていた花見客も三々五々帰っていき、何時の間にか人影もまばら。
慌てて手近の大木戸門へ急ぐ。


昭友社書店

まだ時間が早いので、ぶらぶらと新宿駅に向かう途中で、三丁目の手前に古本屋を発見。
丁度良い時間つぶしになる。


ぼるが1

今日は何十年振りかで西口ハルク裏の「ぼるが」へ。
学生運動がまだ盛んだった頃に名を馳せていた店。何度も行った訳ではないが、当時のままの雰囲気が懐かしい。


ぼるが2

ところで看板に「ばん焼きぼるが」とあるが、「ばん焼き」は「蛮焼き」か、
あるいは鉄板で焼いていたので「板焼き」あたりかと思っていたが、店の人に話を聞いたところ、
昔は水鳥のバンを焼いて食べさせていたからだそうで、びっくりである。
どんな味だろうかと思うが、今は勿論食べられない。


関連記事

 | HOME | 

コメント

ホント、日も長くなったことだし、延長してほしかったですよね^^;

古本屋で時間つぶし・・いいですねぇ。

「ぼるが」・・吉田 類の「酒場放浪記」に昔、紹介されたお店のようですね^^。
もろ、昭和レトロ、ちょっと山小屋風にも見てとれるお店ですね。
うふっ(#^.^#)・・お酒がすすみそぅ♪
ちょっと一人では入り辛いけど、行ってみたくなるお店ですね~。

「ぼるが」は「酒場放浪記」にも登場ですか。
焼き鳥などの肴に熱燗の酒も旨いし居心地は良かったです。
やはりこういう雰囲気の店が、昔から行き慣れているせいか落ち着きます。
そう言われてみると山小屋風かもしれませんね。
「四方山話の会」と名付けた初めての集まりだったですが、山小屋ならピッタリでした。
wincさんも機会が有りましたら、ぜひ行ってみられると良いですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinokoyama11.blog116.fc2.com/tb.php/1104-e16325b7

« | 2017-08 | »
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

カテゴリ

プロフィール

きのこ山書房

きのこ山書房


町田からの季節便り


色は


過去ログ